環境を守る仕事に就きたい方へ!

地球環境の危機を乗り越える対策は世界的に喫緊の仕事ですね。
地球温暖化により、自然が破壊され生態系の変化は進んでいます。だから私達一人一人がグローバルな視点で環境問題について考えなければなりません。同時にふだんの日常生活でも「環境を良くする」心構えや行動はとっても重要なことです。

環境危機を乗り越えようとする世界的な気運も高まり、日本でも環境を良くする仕事に就きたい若者がどんどん増えています。
当サイトは、将来は環境の仕事に就きたい人を対象として、環境に関連する職種や仕事内容、必要な資格や技術、、その仕事の将来性などなどを、わかりやすくまとめてみました。

地球規模で仕事のニーズが高い

環境の仕事
日本にとって環境問題は重要なテーマです。
今、日本には地球温暖化の影響により、大型台風が直撃して各地で甚大な災害を受けて、町が村が消失しようとしています。
その影響を受けて自然の生態系も破壊されていく現状を打破すべく必要な仕事や技術が求められています。
そのために、環境への安全対策やエコビジネスの急拡大と、環境技術の高度化・専門化が進められており、ここ数年で、環境分野で活躍する人の数が増えています。だけど、環境の仕事は興味本位だけで、取り組めるほど生易しいものではありません。
地道な研究、努力、活動が求められる分野でありながら、それこそ地球規模で仕事はあります。

必要な知識や技術は若いうちから学ぶ

必要な知識や技術は若いうちから学ぶ
環境の仕事は業種によって、それこそ命の危険をも伴うことがあります。
そのためにより強固な精神力や、経験に裏付けされた技術が求められます。
ただ自然や動植物、研究機器だけに向かっておればいいということではありません。
仕事先の住人たちとのコミュニケーションスキルも求められます。会話による情報収集や分析などなど、机上論ではない複雑で難解な仕事にもなりましょう。それだけに、「面白くもあり、やりがいもあります」
決して腰掛け程度の気持ちではでき得ない仕事だと思ってください。

明確に進路を決める

仕事の進路を決める
若いあなたが今から目指す環境の仕事に従事するなら、早い時期から明確に進路を決めて、専門の学校や大学へ進学しましょう。
環境の仕事に就いて、活躍するためには「専門知識と技術を学ぶ資格が必要」です。

環境の仕事は特殊で専門性が高いだけに、こうした知識や技術を学べる学校は全国的にも多くはありません。
そのため業種によって求められる資格の特徴や勉強、サポートが受けられる通信教育や学校などを探すのに苦労されると思います。
そうした不安や悩みを解決するために、当サイトでは専門学校や大学情報も網羅しました。

情報収集から始めましょう

情報収集
興味のある仕事や進路が決まれば、まずは専門学校や大学が教えてくれる専門科目や技術、必要な入学金や受講料などの情報を入手しましょう。

当サイトでは、リクルートの大学・短期大学・専門学校の進学情報サイト「スタディサプリ」と提携して、事細かく情報を発信しています。ただ単に資料請求だけの情報収集だけではなくて、オープンキャンパスに参加しての諸先輩たちからの情報収集などもできます。

環境の仕事を希望する高校生に役立つ資格選び

こちらは、高校生のためのリクルート進学ネットが、案内する学校選びのコーナーです。希望の資格が取得できる国公私立の専門学校、短大、大学の資料請求(無料)ができます。

環境コンサルタント
環境コンサルタント
様々な環境問題に取り組むため幅広い分野の仕事に就きます。官公庁、民間企業、各種団体に出向いて環境に関する企画立案、改善など固定概念にとらわれずに様々な角度から研究、検証できるユニークな仕事です。
もっと詳しく読む学校の資料請求をする
福祉住環境コーディネーター
福祉住環境コーディネーター
福祉・医療サービス、バリアフリーの知識、保健制度などを利用して、高齢者や障害者が自宅で、自立した生活を送れるよう住環境整備をアドバイスします。高齢化社会が進むにつれてとてもニーズのある仕事です。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環境アセスメント調査員
環境アセスメント調査員
道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価します。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査します。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
気象予報士
気象予報士
政府の気象庁長官から予報業務許可事業者として認可を受けた民間会社が天気の予測を業務とすることから、天気の情報を解説するのが主な仕事です。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
ビオトープ管理士
ビオトープ管理士
地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍できます。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環境計量士
計量士
基本的に理科室のような分析室で化学実験を繰り返す仕事に携われます。環境測量士は最新の計量装置が並ぶ分析室で化学分析に集中し、正確なデータを集めていくのが仕事です。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
樹木医
樹木医
樹木医は総合的な知識をもって、傷んだり、病気になった樹木を診断・治療する(病気の予防や保護、育成なども含む)のが仕事です。扱う樹木は、天然記念物に指定されている巨木から、街路樹、公園や緑地にある木、庭木までと幅広い。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
自然保護官
自然保護官
自然公園法に基づく国立公園内でのホテルや道路施設などの開発許可申請の適否について審査するのが自然保護官(パークレンジャー)の仕事。具体的には、開発規制のための許認可、調査・監視、美化清掃、公園利用者への適正な利用の推進などさまざまな業務を担います。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
学芸員
学芸員
博物館や美術館に勤務し、資料や作品の調査、研究、収集、保管から展覧会の企画・運営をしたり図録作成など幅広い業務を行います。就職先は国公立が運営する博物館なので公務員として給与や待遇を受けることができます。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
測量士
測量士
測量士は基本測量・公共測量の計画を作製、実施するための国家資格です。最近では、コンピュータを利用した地図の編集や、人工衛星を使った測量など、ハイテク技術を駆使しています。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
造園士
造園士
造園技能士の役割は、住宅庭園の造園や庭木の手入れから公園、街路樹、公共施設、オフィスや工場緑化までありとあらゆる条件において必要となってくる資格である。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
土木施工管理技士
土木施工管理技士
トンネルやダム、橋梁建設工事前などに、土地の土質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決めます。さらに工事全体の計画を立て、監督業務や指導をする仕事。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環境科学
環境科学
地球や自然そのものだけでなく、社会や都市環境など、あらゆる環境に関する仕事を行います。なので環境問題だけにとまらずに工学、化学、経済や法なども学びさまざまな問題解決に取り組みます。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環境工学
環境科学
地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
作業環境測定士
作業環境測定士
石綿などの鉱物性の粉塵や、放射性物質、特定化学物質など、工場やさまざまな作業現場で、人の体に有害となる物質の測定をし、より良い作業環境を保つ技術者です。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環境分析技術者
環境分析
大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べます。また、結果を参考に分析や研究を行います。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環教育指導者
環教育指導者
小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする
環境保全エンジニア
環境保全エンジニア
メーカーなどで公害を防ぐ機器などの設計、製作、メンテナンスを担当する仕事と、大気汚染、騒音、水質汚濁などの数値を計測したり、自然環境の保全全般に関わる応用範囲の広い仕事です。
もっと詳しく知る学校の資料請求をする

転職するにはコツがある!

環境関連の求人倍率は低いために、自分一人での求職では限界があります。逆に、自分の希望した仕事に転職した人もいます。うまく転職している人には理由があって、実は企業とあなたを結んでくれる転職サポート会社を活用しているのです。

転職サポート会社は、あなたの希望に沿った仕事を無料で紹介するだけでなく、色々なご相談にものってくれます。転職サポート会社に無料登録すれば、環境業界の内情も詳しく知ることができ、方向性も明確になり、転職もスムーズに運んでいきます。

当サイトは、環境の仕事に転職したい人や、これから環境の資格を取得したい人を対象に「転職サポート」と「資格取得サポート」を行っています。

そのために「転職成功のコツ」や「資格取得のコツ」なども紹介しているので、ご活用ください。

kankyo8をフォローする
環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド