環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター は、福祉の視点で住環境の整備をアドバイス

福祉・医療サービス、バリアフリーの知識、保健制度などを利用して、高齢者や障害者が自宅で、自立した生活を送れるよう住環境整備をアドバイスします。

高齢者や障害のある方に「住み慣れた場所での自分らしい生活」を提案します。
加齢や障害による体の変化に適応させた住宅改修プランの作成が主な仕事です。体に合った介護用具のレンタルを勧めたり、バリアフリーを取り入れたリフォーム案を建築士に伝えるなどの仕事も担当。

建築・インテリア業界はもちろん、福祉用具や介護保険など医療・福祉・介護についても幅広く学べるため、様々な業界で活躍が期待されています。
3級は基礎が、2級は専門的な知識が身についている証。
受験資格もなく、年2回受けられるほか、暮らしに役立つ内容なので、学びやすいのも特徴。

福祉住環境コーディネーターは、将来性も有望な資格!

▼福祉分野でも建築分野でも必要とされ、幅広く活用できます
▼福祉住環境コーディネーターは、受験資格も実務経験も必要ない狙い目の注目資格
▼自分や家族の暮らしに役立つ専門知識が身につきます

福祉住環境コーディネーターに向くのはこんな人

・決めたら、すぐ行動にでる人。
・自分の考えやイメージをわかりすく相手に伝えられる。
・友達の気持ちや性格を読み取り、理解する。
・何をするときでも、手順や方法を考えてキチンと計画が立てられる。
・人の面倒を見たり、世話をするのが大好き。

福祉住環境コーディネーター が、働く場所

バリアフリー住宅を扱う不動産会社、工務店やリフォーム会社で、窓口となって業務を進めたり、福祉用具メーカーで開発を担当したり、販売・レンタル会社の営業など、多種多様な職場で活躍が期待できます。
専門家としては勿論、将来に備えた自宅のリフォームやボランティア活動でも役立ちます。
その他、市町村役所・住宅関連設備メーカー・障害児関連施設・障害者福祉施設・設計事務所・ハウスメーカー・病院・保健所・老人福祉施設・老人保健施設

福祉住環境コーディネーターの資格がとれる専門学校、短大、大学の資料請求(無料)はこちらから