環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド

環境教育指導者の資格と仕事

小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。

年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙いがあります。

教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍しています。

環境教育指導者に向いているのはこんな人

・みんなと一緒にいるとき、周りの人が楽しめているかどうか気になってしまう。

・人の面倒を見たり、世話をするのが大好き。

環境教育指導者が働く場所

省庁・森林・その他行政機関

環境教育指導者の資格がとれる専門学校、短大、大学の資料請求(無料)を用意しています。