環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド

造園士の資格と仕事

造園士個人宅の庭から、公園、緑地、遊園地、緑地帯など、公的な大きなスペースまで、緑のある快適な生活環境を提供します。
植物や木に関する基本的な知識はもちろん、規模が大きくなれば、基本設計から、道、敷石などトータルにプランニングすることもあります。
高校生の方が、将来造園士の仕事に就きたいと考えているなら専門学校、短大、大学で学べます。

造園士に向いているのはこんな人

・一つのことをやり始めると、それに熱中してしまう。

・何をするときでも、手順や方法を考えてキチンと計画が立てられる。

・チームワークを大事にしながら、みんなと一緒に物事を達成することが好き。

・動物や植物の世話をするのが好き。

働く場所

造園技能士の役割は、住宅庭園の造園や庭木の手入れから公園、街路樹、公共施設、オフィスや工場緑化までありとあらゆる条件において必要となってくる資格である。
庭に関する必要な知識、技能がより一層求められてくることとなる。さらに世界各地でも日本庭園を造る国も増えたり、国際的にも活躍できる個性的な仕事と言えます。

高校生の方が、将来造園士の仕事に就きたいと考えているなら専門学校、短大、大学で学べます。