気象庁から提供される数値予報結果や、ひまわり、レーダー、アメダスなどの観測データなどをもとに、天気の予想を行います。
天気によって、仕事や商品の販売状況にも影響がでるので、正確に予想できる人材が求められています。
最近では、テレビの天気予報番組でもアナウンサーではなく、気象予報士が出演して天気の解説をするなど、認知度も上がってきています。

気象予報士に向いている人はこんな人

・物事を順序よく筋道を立てて考えるのが得意。

・一つのことをやり始めると、それに熱中してしまう。

・自分の考えやイメージをわかりすく相手に伝えられる。

・疑問に思ったことは、納得がいくまで徹底的に調べる。

>>気象予報士の資格取得や仕事についてこちらに詳しくまとめています<<

働く場所

気象予報会社・省庁・テレビ局など