環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド

野生動植物調査員の資格と仕事

野生生物調査員野生生物を中心とした、環境保全のために、生物とその生息環境の調査・保護計画立案を行なう仕事です。
動植物が好きな人には、その知識を生かせる絶好の職業ですが、対象になる生物や環境は広範囲に及ぶため、生態系全体を理解できるバランスのとれた専門知識が必要となってきます。


野生生物調査の仕事内容

野生生物調査の仕事をする場合、その就職先として考えられるのは、調査会社、コンサルティング会社、行政および特殊法人、NPO、NGOなど。
仕事内容は組織によって若干異なるが、専門家集団である調査会社見れば、その全貌が掴みやすい。仕事は、希少野生動植物の保護育成、環境アセスメント、河川の生態系保全に関わる業務として依頼されるケースが多く、発注主は行政、あるいは行政から仕事を受注したコンサルティング会社がメインとなります。

そこでの仕事内容は大きく「調査・分析」とそれに基づいた「保全計画」に分けられる。
調査対象となるのは特定の生物に限らず、生態系全般に関わるケースまで多種多様。
生物に対する知識は当然のことながら、生態系に対する幅広い理解が求められます。
高校生の方が将来に野生生物調査の仕事に就きたいなら専門学校、短大、大学のいずれかで専門知識を身につけることです。
こちらから学校の資料が請求(無料)できます。

この仕事に就くには

「深い専門性と自然に対する広い知識が必要」。
保全のための調査・分析の技術は日々進化し、科学的で緻密な手法が実施されています。
そのためには、さまざまな視点から自然を考察できる能力が必要となります。
学問として大学で学ぶだけで十分ではないということも言われています。
重要なのは経験すること。
目当ての生物を、体験で培った五感で察知、対処しなければこの仕事は勤まりません。

求められる能力

野生生物調査必要な能力のひとつにコミュニケーション力がある。この仕事は、周囲との意志統一や意見調整など、人との関係によってはじめて成り立っている。人間が苦手では務まらない仕事です。

さらに表現力も必要です。

フィールド調査が終われば、それを分析し、報告書を作成しますので、ある程度の文章力がないとでききません。

また、口述の面では、周囲との交渉や調整など人に交わる仕事だけに口下手では勤まらないのもあります。

つまり、自然・生物のプロと同時に、社会人としてバランスの取れた知識と技術が必要ということです。

野生生物調査の知識や技術を身につけるなら

野生生物調査員高校生の方が将来に野生生物調査の仕事に就きたいなら専門学校、短大、大学のいずれかで専門知識を身につけることです。

リクルートの[シゴト.in]に登録すれば、1回の登録でハローワークから大手転職サイトまで【まとめて検索】【応募】ができます。ニッポン全国の仕事をとことん集めているので、きっとあなたにピッタリのお仕事が見つかります。

求人情報
▼ニッポン全国の仕事をとことん集めてみましたので、きっとあなたにピッタリのお仕事が見つかります。▼

≫参考: 自然環境研究センターの業務紹介パンフレット
財団業務紹介パンフレットご希望の方は財団法人 自然環境研究センター事務局までご請求ください。