ビオトープ管理士ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。
ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。
この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士と言います。

こんな人がビオトープ管理士に向いています

  • これだけは譲れないという、強い意思を持っている人
  • 一つのことをやり始めると、熱中してしまう
  • 一度やると決めたらやり遂げるまで止めない
  • 何をするときでも、手順や方法を考えてキチンと計画が立てられる
  • 動物や植物の世話をするのが好きだ




ビオトープ管理士の就職先など

一般企業/建築現場/市町村役所/都道府県庁/ボランティア団体

ビオトープ管理士はニーズが高い注目の資格です

ビオトープ管理士ビオトープとはドイツ語で、生物を表す「ビオ」と、場所を意味する「トープ」からできた造語で、野生の動植物や微生物が生息し、自然の生態系が保たれた場所を指しています。
ビオトープ管理士とは生き物が暮らす自然を守り、復元できる人を認定するために、(財)日本生態系協会が定めた資格です。
資格は「ビオトープ管理士資格試験」に合格すると得られます。

中央省庁や地方自治体の中には、入札に必要な資格として定めているところもあります。

ビオトープ管理士には「計画」と「施行」の2つの部門があり、1級、2級に区分されています。

ビオトープ計画管理士1級、同2級、ビオトープ施行管理士1級、同2級の4種類があります。
ビオトープ計画管理士は、都市や農村などの地域計画のプランナーとしての、ビオトープ施行管理士は、設計、施行にあたる現場事業担当の技術者としての能力が求められています。

また、1級には「業務担当責任」、2級には「基礎的な知識を有する技術者」というレベルの違いがあり、1級には学歴や取得資格に応じた実務経験年数が求められる。(2級には受験資格はない)

ビオトープ管理士の資格が取得できる短大や専門学校、大学の資料請求(無料)ができます。

こんな人に向いています

  • これだけは譲れないという、強いこだわりを持っている
  • 一つのことをやり始めると、それに熱中してしまう方だ
  • 一度やると決めたら絶対に意思は曲げない
  • 何をするときでも、手順や方法を考えてキチンと計画が立てられる
  • 動物や植物の世話をするのが好きだ

ビオトープ管理士の仕事内容

「計画」と「施工」管理士それぞれの特性を見ると、「計画管理士」には、地域計画プランナーとして、全体の方向性を定めその実現のために法律・能力が求められます。

ビオトープ管理士一方「施行管理士」には、現場で実際にビオトープを作る役割を担うため、工芸や設計などに関するより高い知識が求められる。そのため自分がプランニングやコーディネートをしたいと思うなら前者を、実際にビオトープをつくる作業に関わりたいなら後者のほうがむいているでしょう。
ビオトープ計画管理士は資格であり、実際に「ビオトープ計画管理士という職業があるわけではありません。

あくまでも知識や能力を証明するものです。そのため、実際に資格取得者は、資格をいかして多岐に渡る分野と組織で活躍しています。

たとえば、地域開発計画を行なう地方自治体や官庁などの行政分野、あるいは、それに関わるコンサルティングや設計、施行を担う建設土木会社や造園会社、さらにはビオトープについて教える教育事業者などが代表的です。

公共事業などを受注するために一部の省庁や地方自治体では、ビオトープ計画管理士を入札資格と定めています。
そのため建設土木会社や造園会社などの会社では、特にビオトープ計画管理士のニーズは高い注目の資格です。

ビオトープ管理士の年収

ビオトープ管理士という肩書より、働く職場に合わせた仕事内容も異なるので、一般的には環境コンサルタントという肩書で仕事に就く人が多いようです。環境コンサルタントの平均年収は平均年収推移は436万円~688万円。給料は減収平均37万円前後といったところ。また正社員と契約社員との差では年齢が高くなればなるほど年収にも約200万円くらいの差がでてきます。

年齢別年収推移と給与ボーナス予想推移

ビオトープ年収
※平均年収と国税庁の年齢別階層年収との比率で独自で算出した結果になっております。
※ボーナスは夏冬合わせた4か月分で算出してます。
※年俸制は対応していないため年収を12で割った数値が予測数値となります。
上記の表(クリックで拡大)やデータは平均年収.jpさんの出展情報を引用してます。とても参考になります。

ビオトープ管理士は、こんな人に向いています

  • これだけは譲れないという、強いこだわりを持っている
  • 一つのことをやり始めると、それに熱中してしまう方だ
  • 一度やると決めたら絶対に意思は曲げない
  • 何をするときでも、手順や方法を考えてキチンと計画が立てられる
  • 動物や植物の世話をするのが好きだ

ビオトープ管理士になるには

ビオトープ管理士
高校卒業後は、土木や農業、造園、生物環境などの学部学科がある大学や短大、専門学校を目指します。
ビオトープ管理士を目指せる大学。短大の納入金は82万5000円~182万4660円と、私立、国公立によって幅があります。

ビオトープ管理士の資格がとれる専門学校、短大、大学の資料請求(無料)を用意してます。

>>ビオトープ管理士を目指せる学校一覧<<