環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド

環境計量士の資格と仕事

計量士環境計量士モノを正しく計量する専門家である「計量士」の資格には、「環境計量士」と「一般計量士」があります。
環境計量士には、化学分野(濃度関係)と物理関係(騒音、振動関係に分かれ、自然環境保全、改善活動に寄与するのは、どちらかと言えば化学分野となるでしょう。

環境計量士の資格がとれる専門学校、短大、大学の資料請求(無料)はこちらから

環境計量士の仕事内容

環境計量士この資格を持っている人は、基本的に理科室のような分析室で化学実験を繰り返す仕事に携われます。環境測量士は最新の計量装置が並ぶ分析室で化学分析に集中し、正確なデータを集めていくのが仕事です。
たとえば自分自身が使用するゴム手袋の化学物質がサンプルに紛れ込んでしまい、正しく計測されないときもああります。

そういった問題に臨機応変に対処しながら、定められた方法によって環境汚染物質を高い集中力を発揮しながらコツコツと計量していく。集められたデータは、環境保全のさまざまな活動の指標となっていきます。

この仕事に就くには

大学や専門学校などで化学分析の基礎知識を学んでおく必要があります。
その後、環境調査や環境コンサルティングを営む会社(計量証明事業所)の仕事に携わり、実務を積みながら環境計量士の資格を取得するのが一般的。受験資格に制限はないが、試験は難しく、合格率は10%台。

こんな人が向いている

環境計量士地球の環境と自然の科学に興味がある人なら、環境計量士のしごとはおもしろいはずです。
分析を繰り返してもわからないことが、グローバルな視点で問題点を科学的に捉えると謎が急に解明できることもあります。

化学だけでなく、生物、物理、地学など幅広い自然科学の知識を生かしたいという人には向いている職業でしょう。

たとえば、海水を計るときも、地質などの地学や水の流れを予測する物理学、動植物についての生物学などの知識がないと、環境汚染の原因が特定できないことも多いという。
就職後も、絶えず最先端の科学知識を貪欲に学んでいく姿勢が持てる人が望ましいでしょう。

環境計量士の仕事は、公共事業関連が多く、景気が後退すれば、仕事量が減るときもあります。

だが、自然環境保全・改善の意識は高まる一方。時代の追い風をうけて今後は民間需要も増えていくでしょう。

既に大手の不動産会社が住宅地を開発するにあたって、事前に環境調査をする流れが出始めています。
ほかには、水、食の安全性、家や学校などの住環境など、市民の環境意識が高くなればなるほど、環境計量士の仕事の領域は広がっていきます。

※環境計量士の求人情報は下記以外に全27件あります。

募集職種 富士マネジメント株式会社 [紹介予定派遣]土壌環境管理者(浅草橋)
勤務地 東京都千代田区沿線中央線及び総武線(快速含む)(代々木~小岩)
勤務時間 通常勤務時間:1) 9:00~17:30休憩時間
60分残業時間:20時間
給与 賃金:200,000円~ 500,000円
賃金形態:月給制
休日・休暇 休 日:土日祝週休二日
毎週年間休日:120日
育児休業取得実績:有
待遇・福利厚生 加入保険:雇用 労災 健康 厚生
定年制・再雇用:有 ・ 有
入居可能住宅:単身 無 / 世帯 無
マイカー通勤:不可
通勤手当:実費(上限なし)

環境計量士(環境計測士)の資格が取れる大学・短大・専門学校の資料請求を用意しています。

環境計量士(環境計測士)の資料請求はこちら

リクルートの[シゴト.in]に登録すれば、1回の登録でハローワークから大手転職サイトまで【まとめて検索】【応募】ができます。ニッポン全国の仕事をとことん集めているので、きっとあなたにピッタリのお仕事が見つかります。