環境を守る仕事をしよう! なり方ガイド

環境の仕事の将来性

将来性豊かな環境業界で高収入を目指せます

エコロジーという言葉が浸透し、環境に対する意識が高まった今の社会。
世界規模はもちろん、都市部の環境条例も年々厳しくなってきているため、製造業だけでなく、どの企業も環境に対する積極的な取り組みが必要な時代になってきました。そのような社会の流れから、環境に興味を持ち、環境に携わる仕事に就きたいと考える人も増加している。

環境を守る仕事組織に所属して環境保全・改善に貢献する仕事の代表格に、環境系のNPO(非営利団体)やNGO(非政府組織)などの市民団体で働く方法があります。
1998年、日本では「NPO法」が成立し、市民団体が比較的容易に法人格になれ税金面でも優遇されるようになりました。
およそ、全NPO団体のうち約3割が環境保全・改善に関わる団体だと言われています。

就職対象として考えられるNPOやNGOはまだ少ないですが、今後は増加するだでしょう。
行政や企業に密着して活動している市民団体に期待が寄せられています。
このような環境系団体今からボランティアで参加し、やがてここで収入を得られるように所属組織を育てるのも一つの方法でしょう。
高校生の方が将来、環境を守る仕事に就きたいと考えているなら、こちらの高校卒業後に活躍できる環境関連の学校選びをご参照ください。

「環境の仕事に就く!」という参考本は、環境の仕事に従事するための具体的がガイダンスが解説されています。

行政機関に就職して活動する道もあります

地方自治体や省庁などの行政機関に入って、環境保全・改善に貢献する仕事をする方法もあります。必ずしも、自分の希望通りに環境保全・改善に関わる部署に配属されるとは限らないが、積極的に活動している自治体や官庁であれば、チャンスも多いはずです。

環境保全・改善に積極的な自治体とそうでない自治体を見分ける方法のひとつとしては「環境自治体会議」(http://www.colgei.org/)というネットワークに参加しているかどうかチェックする方法があります。環境保全に熱心な自治体は、会議に参加していることが多いです。

また省庁に就職するのであれば、環境省にはいれば、仕事は基本的に環境保全に関わるものがあります。ただ、重要な仕事をするには、「国家公務員試験1種」という難関試験を突破してキャリア組に入らなければなりません。

専門家になって高度な知識を生かす

市民団体や行政機関のほかにも、組織の一員になって環境保全・改善に貢献する方法があります。
たとえば、ISO14001審査員や技術士(環境部門)、環境計量士などの仕事がそうです。
企業などで実務経験を積み資格を取得すれば、専門知識を生かしながら活躍できます。

エコ系の就職情報を集めるには

環境に特化した企業に就職したいと考える学生は増えていますが、エコ系の就職情報を提供するメディアは少ないようです。
その中で優良な情報を発信する団体はいくつかあります。たとえば、エコジョブ・ドットコムが運営するウェブサイト(http://www.ecojob.com)は一見の価値あります。また「全国青年環境連盟<エコ・リーグ>」という団体のホームページでも、エコ系の就職イベントなどの有益な情報を入手できるはずだ。こまめにチェックしよう。

リクルートの仕事inは、会員登録しておくと求人情報40万件をインターネットで素早く求人情報を入手できます。会員登録は無料ですからオススメです。

一般企業もよく調べれば環境保全の積極さがわかります

企業によって姿勢はまちまちで、環境保全活動に対し積極的な企業もあれば、必要最低限のレベルさえクリアすればいいと考える企業があります。
環境保全・改善に興味があるなら、たとえばISO14001を認証取得しているか、製造過程でゼロエミッション(廃棄物ゼロ)を達成しているか、独自の環境保全活動をしているか、「環境報告書」を出しているか。
ウェブ情報だけでも、よく調べれば環境保全活動に積極的に取れ組んでいるかどうかわかりますので就職活動の際に調べてみましょう。

▼環境全般が学べる大学・短大・専門学校の資料請求を用意しています▼
環境全般が学べる大学・短大・専門学校の資料請求はこちら

リクルートの[シゴト.in]に登録すれば、1回の登録でハローワークから大手転職サイトまで【まとめて検索】【応募】ができます。ニッポン全国の仕事をとことん集めているので、きっとあなたにピッタリのお仕事が見つかります。