2007年0月の記事

環境を守る仕事のニーズ

環境を守る仕事には、こんな仕事があります ▼社会(市民と行政)の向上をはかる環境の仕事には、 ・NPO職員 ・学芸員 ・NGO職員 など ▼行政機関で社会のルールを作る環境の仕事には ・地方自治体の職員 ・中央官庁の職員(自然保護官) ・地…


環境を守る仕事の将来性

将来性豊かな環境業界で高収入を目指せます エコロジーという言葉が浸透し、環境に対する意識が高まった今の社会。世界規模はもちろん、都市部の環境条例も年々厳しくなってきているため、製造業だけでなく、どの企業も環境に対する積極的な取り組みが必要な…


NPOとNGOの職員

NGOとは「nongovernmental organization(非政府組織)」の略で何らかの使命を揚げて活動を展開する団体。環境問題は国際化することが多く、政府に関係しない団体のほうが大局を見据えて活動しやすいし、国連などは実行作業を…


地方環境対策調査官

地方環境対策調査官が働く環境省地方対策調査官事務所は、全国に9つあります。 その役割は、環境省の地方における窓口として、情報発信基地としての役割、地域ネットワークを築き、環境問題の迅速な掌握と対応を行なっています。 地方環境対策調査官の仕事…


ISO 14001審査員

ISOとは、国際基準化機構の略で、1947年に設立された国際機構で、工業、農業関係などの規格の基準化を目的とします。 90年代に入ってから、日本でも多くの企業がISOの規格にそって活動するようになりました。 そのISO 14000シリーズ。…


環境計量士

環境計量士モノを正しく計量する専門家である「計量士」の資格には、「環境計量士」と「一般計量士」があります。 環境計量士には、化学分野(濃度関係)と物理関係(騒音、振動関係に分かれ、自然環境保全、改善活動に寄与するのは、どちらかと言えば化学分…


環境カウンセラー

環境カウンセラーとは、市民活動や事業者の中での環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を有し環境保全活動に関する助言などを行う人材として、環境省の行う審査を経て登録された方々です。 受験制限はありません。しかし、筆記試験に合格すれば取得できる…


野生動植物調査員

野生生物を中心とした、環境保全のために、生物とその生息環境の調査・保護計画立案を行なう仕事です。 動植物が好きな人には、その知識を生かせる絶好の職業ですが、対象になる生物や環境は広範囲に及ぶため、生態系全体を理解できるバランスのとれた専門知…


樹木医

木の病気は樹種の特性によって違い、また原因も病気、虫、気象、土壌障害など実にさまざま。 そのため、求められる専門知識もかなりハイレベルです。 樹木医になるには、樹木医研修を受けることになるが、造園業や林業関係者、大学の研究所などで7年以上の…


ビオトープ管理士

ビオトープ管理士の仕事は地域の生態系を守り、復元・創出します。 ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。 ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。 この考えに基…